数学について

数学の勉強について色々

数学についてはこれはもう得意不得意がわかれる科目で間違いないだろう。

 

最初のころは簡単な計算問題も多く、公式さえ覚えれば解けるような問題も数多くあった。

 

しかし、計算間違え等は当然起きてしまうし、立体の図形問題とかはそこそこのセンスも必要になってくる。

 

 

中学校に入ってからではけっこう差が出てくる科目のうちの一つだと思う。

 

苦手な人だと数学と聞いた瞬間苦手意識を持ってしまうパターンもありますし。

 

 

ただ、数学は本当はそこまで難しく考える必要はないと個人的には考えている。

 

それは僕が理系で数学が得意だからというだけなのかもしれないけど。

 

まず、数学に関しては答えが必ず用意されている。

 

いや、他の科目もそうなんだけど、ちゃんととき進めて行けば答えはあるんですよ。

 

暗記が必要な国語の漢字や社会の武将の名前とかとは違って。

 

もちろん、公式を知っていないととけない問題もあるのですが、逆に言えば覚える必要があるのはその公式だけなんです。

 

これは他の科目に比べてかなり少ないはずです。

 

あとはそれに則り問題に書いてある数字を当てはめるだけ。

 

そう考えるとかなり簡単というか覚えることは少ない。

 

 

あとは慣れと言うところも大きいでしょう。

 

やっぱりたくさんの問題を解いていって、ひたすら数学に慣れる。

 

これに尽きるかと思います。

 

苦手ない人は数学にはじめから苦手意識を持たずに、点数の取りやすい教科なんだと認識してもらってがんばってほしいです。