学習塾についての感想

中学校のときの塾

中学生のときは受験勉強のために3年生のときだけ塾に通っていた。

 

塾に通うとか小学校の頃から考えられなかったけれども、なぜか覚えていないが親のすすめで夏季講習に行ったのが最初。

 

とりあえず総合テスト自体の成績はけっこうよかったような気がするから一番上の進学コースへ通ったはず。

 

とりあえずなんとなく夏季講習はそのまま終わる。

 

かなり面倒くさかった気がするが、1週間くらいだったのでなんとか耐えきれた。

 

 

それからなりゆきで平日にも通い始めることになる。

 

3年生の夏休み明けからはむしろ塾に行っていない人のほうが少ないくらいになった。

 

学校の勉強だけで余裕だろうと思っていたのだが、そんなことはなかったらしい。

 

そこからはしたくもない勉強を1日に帰ってからも何時間もするハメになった。

 

日本の受験勉強は高校、大学受験ともに人生でも中々きつい時期にあると思われる。

 

本当にめんどうだった。

 

塾自体は隣の中学校のほうの学区が近い場所にあったため、どちらかというとそこの生徒のほうが多く、けっこうアウェイ。

 

なんだかんだ最後の方まで通っていたけど、顔見知り程度で仲良くなることはほとんどなかった気がする。

 

まぁ夏前の以前から通っているやつらもいてそいつらは授業中も先生と仲良く喋っていた気がする。

 

結局、受験に落ちていた人も多数いたけど。

 

さらに一番上のコースだからかなぜか女性はあまり多くなく、男ばかりのむさくるしい状態であった記憶もある。

 

まぁ受験の時期だからそんなことを考えている余裕もないんだけど、そこは男だから仕方がない。

 

総じて、別におもしろくもなく、ただ勉強がだるいなーくらいにしか塾では思っていなかった気がする。

 

ただ、かばんにしょった参考書や教科書はとても重かった。

 

自転車こぐのがとっても疲れたことが思い出される。